トップページ興信所情報 > 浮気調査

浮気調査

・パートナーの帰宅時間が近頃変わった
・パートナーの携帯電話に異性からのメールが入っていた
・パートナーが自分の携帯電話を絶対に見せようとしない
などの経験がある方はいらっしゃいませんか?

「浮気調査だなんて大袈裟な」と思われる方もいるでしょう。
しかし、離婚調停に持ち込むにしろ、話し合いで解決するにしろ、証拠がなければ単なる想像に過ぎないとあしらわれてしまうかもしれないのです。
そんなことが無いためにもしっかりとした浮気調査をして確実な証拠を手に入れたいところですが、個人で行う浮気調査では証拠を手に入れるのに限界があるでしょう。そのため、そういった方には一度、専門の業者の浮気調査をご検討されることをお勧めいたします。

浮気調査に関して個人と専門業者では一体どこが違うのかと言えば、その一番大きな差は、調査力にあるでしょう。
当社はその調査力に特に自信を持って浮気調査を行っております。

例えば、当社では超望遠レンズや暗視カメラなどの優れた機材を追加料金無しで標準装備いたしております。
浮気調査ではかなり離れた場所からの撮影や、暗闇での撮影が必要なこともあるからです。
証拠写真の人物が小さすぎたり暗かったりして本人と確定しにくい場合は浮気の証拠として力をなさないこともありますので、このような機材はかなり必要と言えます。
また、そのような優れた機材を扱えるように、日頃から浮気調査員の訓練・指導することも重視している点の一つです。

また、当社の浮気調査の料金は、業界平均と比較してかなり安い単価となっております。
では何故これほど浮気調査料金が安いのかと不思議に思う方もいらっしゃるでしょう。
それは、決して浮気調査に手を抜いている訳ではなく、無駄のない浮気調査を行うことによって実質的なコストをさらに下げる努力をしているからです。
しかも調査料金の中には、機材料金、報告書作成料金等の諸費用が含まれていますので、それらの追加費用はございませんし、お客様に相談無く最初の見積時に提示した金額を勝手に超える事もありません。
それでもご心配な方のために諸経費の上限は予め設定が出来ますし、浮気調査の後には経費の内訳を明確にしてお見せ致しますので、用途の曖昧な料金の請求は一切致しません。
浮気調査に関しての相談、お見積もり、資料請求はすべて無料ですので、お気軽にご相談下さい。

言い逃れできない浮気の証拠

探偵事務所が浮気調査で集める証拠とは、「言い逃れできない浮気の証拠」です。

浮気をしたパートナーや浮気相手と話し合いをする段階になって能力の低い証拠しかもっていなかった場合、「ただの遊びだった」「ふざけていただけ」と言い逃れをされてしまう場合があります。

そのため浮気調査で集める証拠とは、調停離婚や裁判離婚でも認められるレベルの『明確で継続性のみられる浮気の証拠』でなくてはなりません。

浮気調査で集めた証拠が言い逃れ不可能な証拠なら、例え調停や裁判になったとしても、調停員や裁判官に浮気をしたパートナーの非を証明することが出来ます。

しかし、探偵が集めた浮気の証拠が、パートナーの浮気を証明するのに不十分だと判断されると、これまで調査にかかった費用が無駄になるだけでなく、請求できるはずだった慰謝料をみすみす逃してしまう事にもつながり、結果として、依頼者様にとって不利益な結末になることもあります。

当社はこのような事態にならないために、「言い逃れが出来ない浮気の証拠」を集めることに全力で取り組んでおります。
実際に、これまで当社が浮気調査で集めた証拠が、離婚裁判において否認されたことはありません。

裁判に強い浮気の証拠をお求めの方は、Akai探偵事務所へご相談下さい。当社の浮気調査に関して詳しくご説明させていただきます。

浮気調査・素行調査専門ページはこちらへ